初心者から将棋ウォーズ初段までの道のり ~二歩目 得意戦法を作る~

将棋ウォーズをはじめてから1週間ほど!

あまりの豪快な負けっぷりからどのように脱却するかを考えた結果。

得意戦法の構築を考えて実践することに!

さて、本日も対局開始!

得意戦法を持つことにはメリットがいっぱい

インターネット上の将棋ブログを確認すると得意戦法をもつことが大事だと書いてあることが多い。

具体的には下記のようなメリットになる。

得意戦法を持つことのメリット

  1. 覚えないといけないことが絞れる
  2. 序盤の動きがある程度パターンかするので持ち時間の余裕ができる
  3. 得意戦法=囲いもセットのことが多いので受けも強化できる
  4. 素人っぽさが減る(見栄ですがw)

ということで得意戦法の構築を目指す。

個人的には2の”序盤の動きがある程度パターンかするので持ち時間の余裕ができる”が非常に重要。

こちらが時間切れ負けで相手持ち時間が残り5分以上あるなんてこともざらにあるので。

あと、個人的には素人っぽさが減る(見栄)のも重要ですw

しかし、ここで一点問題が!

そもそもまともな戦法を知らないので、得意戦法のとっかかりがない。

一応、将棋ウォーズの対局中にいくつかのエフェクトがでたのだが、どのようにすればいいのかも不明w

さいころでも転がして適当に得意戦法を決めてその後調べてもいい(適当)。

しかし、ここ数日ぼこられて対処ができていない戦法がある。

相手に嫌なことをやられたらやり返すの精神でこの戦法の取得を目指す。

早石田だ。

将棋ウォーズの文章を読むと奇襲の文字。

奇襲最高ということで、実践を得ずに得意戦法を決定(得意とは一体?)!

よくわからないが角道の歩を2回ついて(早石田エフェクト後)、飛車が7すじに回ればOKらしい。

いろいろな戦法を調べる方法

ここでは、どんな戦法があるかを調べる方法を紹介する。

とりあえず楽しみつついろんな戦法を知りたい!

そんな方におすすめなのが、藤森先生が公開しているyoutube「将棋放浪記」!

将棋の解説というか実況なので、初心者でも楽しくみつつ戦法を確認できます。

将棋放浪記はプロ棋士による、やや無理攻め気味な攻めによる快勝劇。

また、藤森語録とよばれるほどの会話中の独自のワードの爽快感が楽しめます(最近の動画の方が特にキレッキレです)。

個人的におすすめな動画をまとめてみました。

将棋を始める人必見!楽しみながら強くなる将棋放浪記おすすめ動画〇選

 

得意戦法?”早石田”を実践で指してみる!

とりあえず、定石などを覚えずにとりあえず、実践!

結果!角道をあけて

・・・攻め方がわからん!!!

とりあえず、桂馬でも跳ねておこう(なんとなく)。

お互い、悪手のたたきあいにより、泥試合に!

そしてなぜか勝利!!

相変わらず、囲いはせずに居玉で戦います。玉が一人ボッチ・・・

試合後に今後の試合に生かすべき、棋力とグラフを棋神解析!

初の棋神解析

結果・・・・・

棋力測定は拒否られましたww

あまりのひどい試合に棋神先生もお手上げですww

気を取り直して、グラフを表示し感想戦を実施。

 

感想戦の中身

グラフでガツンと下がっているところがあったので、調べてみると・・・。

玉頭の歩を責められているのにかかわらず、取らずに金上がりで受けを実行!

よく考えると受けになっていない受け(当人比の棋力ではここらが限界)

・・・ひどい受けですw

中盤でも1手詰めを見逃しているし・・・グダグダですね。

結果、あと20手以上試合が延びる結果に・・・勝ててよかった。

気を取り直して、再度対戦(後手番)!

・・・・初手に飛車先をついてくる。ここでは構わず早石田を目指す。

さらに飛車先の歩をつかれる。

・・・あれっ早石田いけなくない?

ということで角上がり!

う~む、攻め方がわからん!

・・・・・よし、次(当然負けてます)!

よっしゃー相手が角道をあけたぞ~~~!

角交換になり・・・

あれっ、どうやって受ければいいんだ?

わからんからとりあえず、歩をついておこう。

相手の角が馬に・・・いきなり乱戦に\(^o^)/オワタ

・・・・・よし、次(当たり前のように負けてます)!

というようにグダグダになりながら対局を続けていきます。

最後に

得意戦法は早石田!ということで初段にむけてがんばって対局を続けていきます。

勝ててないのに得意戦法なのかというつっこみはなしでお願いします!

 

将棋ウォーズ”あなたの負けです”

私”うるせぇ~~わかってるわ(怒)"

おすすめな将棋動画一覧

将棋を始める人必見!楽しみながら強くなる将棋放浪記おすすめ動画〇選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です